読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にっき

ようやくまともな彼氏ができて七転八倒。恋愛が感覚的によく分からない。

腹筋を使って歩く

思考 記録 身体の痛み

歩き方を見直してみたらヤバイ。

えらい疲れる。

骨盤を立てて足の力を抜いて歩く。

すると自然にみぞおちの奥あたりに力が入る。

これで歩くと本当お手本みたいな歩き方になる。

ガラス窓に映った自分のシルエットがCGの人間を歩かせた映像みたく整ってる。

そもそも私は、子供の頃から腹筋はからっきしなのに、背筋はすいすい持ち上がる謎体質だった。

これは、腹筋を使わずに背筋で動く癖があったからではないか?

私にはぎっくり背中という困った体質があるのだが、これは基本体を起こす動作体をひねる動作の時に起こる。

私はこれらの動作の時に、腹筋を一切使わず動いていることが最近わかった。

全部背中を使って動いていたから「ぎっくり背中」だので背中を痛めるのか。 

 

今日からしばらくは、正しい歩き方、腹筋を使った動作を意識してみよう。

少しでも首こり・肩こり・背中こりの三重苦から解放されればいいけど…。

24歳で社交ダンスはじめるというロールモデル

社交ダンス初めて早1年…

「50代からの社交ダンス」なんて文句はよく聞くけど、私は「20代(社会人)からの社交ダンス」が知りたい!!

なんとなく自分も先生も進め方を持て余してる?ような気がする。

そもそも、24歳で社交ダンス初めて…ていうロールモデルがほぼない!?

若い人で踊ってる人って大概、大学のサークル出身、または幼少期からやってますパターンな気がする。

社会人サークルには、自分みたいな働き出してからはじめました!って人いっぱい居るけど、基本男性。

あとサークルは安いし楽しいし同世代多いけど、やっぱり個人レッスンの方が上達するのは否めない…。

 

なんかどうしたらいいんだろう?どうしたいんだろう?

1曲踊れるようになりたいっていう夢はあるけど、どの種目で踊りたいんだろう?

または、今のレベルだとどの種目で踊れるんだろう?

 まずはそこを先生に聞いてみることかな…?

ロッキー2

映画

いやもうね。

ロッキーとエイドリアンの関係性萌えがやばい。

ていうかエイドリアン可愛すぎる。

エイドリアンの演出が秀逸すぎる!

 

本当に、「顔がカワイイ子じゃないと付き合いたくないんだよね~ww」とかほざく全ての男性に見せつけたい映画です。

 

産婦人科の帰り道

「男の子だったら、私に似ないであなたに似てほしいわ」

「いや、お前に似て賢くなってほしい。俺みたいなごろつきにはしない」

みたいな会話するじゃないですか!

全編通してそうなんだけど、ロッキー筋肉バカっぽいのに、他人にマッチョイズム押し付けないのまじイイ男!!

自分の息子なんて、「男は泣くな!」「男なんだから我慢しろ!」とか一番そういうの押しつけやすい対象じゃないですか!

 

✤「私の大事な人の目が見えなくなったらどうするの!?」

ポーリーに「ロッキーの復帰を応援してやれ」と言われて、エイドリアンのこのセリフ。

なんか、やたら現実的なツッコミが良しとされる世界に生きてきたからかな…?

「その前に働けよ( ´Д`)y━・~~」的な価値観にばかり触れてきたからかな…?

「これからの生活はどうするの!?」なセリフがくると予想してたんだよね。当たり前のように!

子どもが生まれて、稼ぎがなくて、旦那の目が見えなくなったら立ち行かないじゃない!っていう…。

もちろんそれはそう、それはそうなんだけど…。

大事な人の目がっていうね…そこが第一に思い浮かぶような人生送りたいよね…。

 

✤「勝って…!」

病床から目覚めたエイドリアンの一言。

だったらもっと早く応援してやれよ(´Д` )って気持ちも分かりますが、もうここの演出が良すぎてその辺のことは吹っ飛びます(個人の感想です)。

もうあとは、ロッキーが頑張る理由は十分にできたので力技展開でもなんでもやってくれってかんじです。

子どもでもなんでも引き連れて爆走してくれってかんじ。

 

女の現実的な価値観、女はこういう風にしか映画を見れないよ的な価値観の枠に今まで自分は縛られてたのかな…?知らず知らずのうちに。

女の人ってロッキー見るとこんな感想多いよね、とかそういう。

それで実際、自分もそういう感想を持つこともあるし、周りもそういうことが多いし、そんな中でそれでもロッキーは私に刺さったんだよな…。

今のところ、ピッチ・パーフェクトロッキーが私の人生で見返すだろう(見返している)映画の両横綱となっています(`・ω・´)

 

初めての…

初セックスが成ったわけだが、感想としては、思ってたより日常と地続きだった。

これが世間で言う"思ったより大したことなかった""「こんなもんか」と拍子抜けした"ってところなんだなぁ。

でも、私は楽しかったなぁ。

バカ女じゃなくて良かった

思考 恋愛

女として生きてるとバカな方が得だったなと思うことが多いんだよね。

面と向かって「自分よりバカな女の方がいいに決まってんじゃん」「男にはその方が可愛く見えるんだよ」と言われたこと数知れず。

 

それでも、今の彼は一緒に居ると「いっぱい物を知っててよかったな」「色んなこと知ってたからこそ今楽しいな」と思えることが本当に多い。

私がいくら小うるさい話をこねくり回しても「おもしろいね!○○みたい!」「…ということは○○ってこと?」と話が広がって楽しい。

生まれて初めて、積極的に勉強したり経験したり、いっぱい考えてきた人生が”良かった”なと思えた。

 

そういうところ、本当に感謝してる。 

真夜中の調理室

恋愛 記録 思考

バレンタインです。

全国の元喪女のみなさんは、親の居ぬ間に台所に立ったり…しないでしょうか。

私はちょっとしました。

 

ただ、隠れて作ってたんだけど、どう考えても時間が足りなくなって。

私の中で浮かんだ選択肢は…

①祖父母宅のキッチンを借りる

②堂々と我が家のキッチンを使う

よっぽど①に傾きかけたんですが、ここで「本当は②を選びたいんだよな…」と本音では思ってる事に気付きまして…。

だって20代も半ばになってなんでこんなにバレンタインのプレゼントを作ってることを知られたくないのか?自分!と。

しかし、なんでここまで親に知られたくないんだ?

世の"彼女"たちは「え?なにしてるって?バレンタインのお菓子だよ」としれっと答えてるんじゃないか??

 

▼親に知られたくない理由…

・乙女チックに思われたくない

→まだ自分は自分の女性性を受け止めきれてないのか…!?もう終わったと思ってたのにorz

・彼氏のためだけに作ってると思われたくない

→「久しぶりにいつものクッキー焼こう♪」という自分のワクワクも確実にあったから。

→ひいては、彼女orお嫁さんになるために料理を覚えるという価値観が大嫌いだから。

 

だいたいこんなところだ。

ならば、私が楽しくてやってます!ってアピールができればいいんじゃ?

逆に隠さず「バレンタインに菓子作りする相手ができたのよ✨いいでしょー」ぐらいのノリでいいのでは?

そして、それを実践したところ母はとくに嫌味を言ってくることもなく、むしろ「ラッピング余ってるよ?」などと私の行動を容認するような言動が!!

これは我が家では、それなりの成長です…。

母と娘の距離感は永遠の命題です……。

 

 

 

エロス(性愛)とストルゲ(友愛)

思考 恋愛

性愛と友愛のグラデーションが分からない…。

これは両立するのか?

彼とイチャイチャしてる時に、両立してると感じることもある。

でも同時に、子どもが親に甘える感覚に近い気もして分からない。

まぁ、それを繰り返して自分なりに会得していけばいいのか。

なんか恋愛事って本能で全部分かるはずなんじゃと思いがちだけど、自分に合うスタイルやなんかは積み重ねて探っていくしかないんだから、実践あるのみなのかにゃー。なんて。