読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にっき

ようやくまともな彼氏ができて七転八倒。恋愛が感覚的によく分からない。

真夜中の調理室

恋愛 記録 思考

バレンタインです。

全国の元喪女のみなさんは、親の居ぬ間に台所に立ったり…しないでしょうか。

私はちょっとしました。

 

ただ、隠れて作ってたんだけど、どう考えても時間が足りなくなって。

私の中で浮かんだ選択肢は…

①祖父母宅のキッチンを借りる

②堂々と我が家のキッチンを使う

よっぽど①に傾きかけたんですが、ここで「本当は②を選びたいんだよな…」と本音では思ってる事に気付きまして…。

だって20代も半ばになってなんでこんなにバレンタインのプレゼントを作ってることを知られたくないのか?自分!と。

しかし、なんでここまで親に知られたくないんだ?

世の"彼女"たちは「え?なにしてるって?バレンタインのお菓子だよ」としれっと答えてるんじゃないか??

 

▼親に知られたくない理由…

・乙女チックに思われたくない

→まだ自分は自分の女性性を受け止めきれてないのか…!?もう終わったと思ってたのにorz

・彼氏のためだけに作ってると思われたくない

→「久しぶりにいつものクッキー焼こう♪」という自分のワクワクも確実にあったから。

→ひいては、彼女orお嫁さんになるために料理を覚えるという価値観が大嫌いだから。

 

だいたいこんなところだ。

ならば、私が楽しくてやってます!ってアピールができればいいんじゃ?

逆に隠さず「バレンタインに菓子作りする相手ができたのよ✨いいでしょー」ぐらいのノリでいいのでは?

そして、それを実践したところ母はとくに嫌味を言ってくることもなく、むしろ「ラッピング余ってるよ?」などと私の行動を容認するような言動が!!

これは我が家では、それなりの成長です…。

母と娘の距離感は永遠の命題です……。