読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にっき

ようやくまともな彼氏ができて七転八倒。恋愛が感覚的によく分からない。

ロッキー2

映画

いやもうね。

ロッキーとエイドリアンの関係性萌えがやばい。

ていうかエイドリアン可愛すぎる。

エイドリアンの演出が秀逸すぎる!

 

本当に、「顔がカワイイ子じゃないと付き合いたくないんだよね~ww」とかほざく全ての男性に見せつけたい映画です。

 

産婦人科の帰り道

「男の子だったら、私に似ないであなたに似てほしいわ」

「いや、お前に似て賢くなってほしい。俺みたいなごろつきにはしない」

みたいな会話するじゃないですか!

全編通してそうなんだけど、ロッキー筋肉バカっぽいのに、他人にマッチョイズム押し付けないのまじイイ男!!

自分の息子なんて、「男は泣くな!」「男なんだから我慢しろ!」とか一番そういうの押しつけやすい対象じゃないですか!

 

✤「私の大事な人の目が見えなくなったらどうするの!?」

ポーリーに「ロッキーの復帰を応援してやれ」と言われて、エイドリアンのこのセリフ。

なんか、やたら現実的なツッコミが良しとされる世界に生きてきたからかな…?

「その前に働けよ( ´Д`)y━・~~」的な価値観にばかり触れてきたからかな…?

「これからの生活はどうするの!?」なセリフがくると予想してたんだよね。当たり前のように!

子どもが生まれて、稼ぎがなくて、旦那の目が見えなくなったら立ち行かないじゃない!っていう…。

もちろんそれはそう、それはそうなんだけど…。

大事な人の目がっていうね…そこが第一に思い浮かぶような人生送りたいよね…。

 

✤「勝って…!」

病床から目覚めたエイドリアンの一言。

だったらもっと早く応援してやれよ(´Д` )って気持ちも分かりますが、もうここの演出が良すぎてその辺のことは吹っ飛びます(個人の感想です)。

もうあとは、ロッキーが頑張る理由は十分にできたので力技展開でもなんでもやってくれってかんじです。

子どもでもなんでも引き連れて爆走してくれってかんじ。

 

女の現実的な価値観、女はこういう風にしか映画を見れないよ的な価値観の枠に今まで自分は縛られてたのかな…?知らず知らずのうちに。

女の人ってロッキー見るとこんな感想多いよね、とかそういう。

それで実際、自分もそういう感想を持つこともあるし、周りもそういうことが多いし、そんな中でそれでもロッキーは私に刺さったんだよな…。

今のところ、ピッチ・パーフェクトロッキーが私の人生で見返すだろう(見返している)映画の両横綱となっています(`・ω・´)